文化資源戦略会議

ナショナルアーカイブの設立とデジタルアーカイブ振興法の制定をめざして

建築模型ミュージアムが今夏に開館予定

   

Pocket

山本理顕氏や坂茂氏らが中心となって設立された一般財団法人 建築文化保存機構が、寺田倉庫で模型や資料を共同で保管できる場所を運営するとのことです。運営は4月から開始、8月を目途にミュージアムとして一般公開の予定となっているそうです。

財団の概略は以下の5つだそうです。
1 保存管理事業
良質な保存環境のもとで、建築模型を管理できるサービスを提供します。
2 展示事業
保管される模型は、見せながら保管するルールとします。一般来場者にも広く門戸を広げ、博物館としても機能します。年に数回の企画展示を行います。
3 販売事業
設計事務所が建築模型の売却を希望する場合、法人が代理者となり美術館やコレクターに対して販売します。
4 コレクション事業
優れた模型は収蔵作品とし、一般に公開、他の展覧会への貸出を行います。
5 教育普及事業
講演会・ギャラリートーク・ワークショップなど教育普及事業を展開します。

建築文化保存機構|日本初となる建築模型ミュージアム、この夏オープン
建築模型の博物館開設 寺田倉庫、著名建築家と8月メド

 - 情報クリップ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

  関連記事

英国図書館が2015年-2023年の戦略計画を公開

英国図書館(British Library)が2015年-2023年の戦略計画“ …

欧州文化遺産の電子化と公開,保存に関する勧告への対応状況について(報告記事)

国立国会図書館のカレントアウェアネスで「欧州文化遺産の電子化と公開,保存に関する …

no image
クリエイティブ・コモンズによるレポートState of the Commonsが公開されています

クリエイティブ・コモンズが2014年11月20日にレポートState of th …

europeana、Google Field Tripとの連携開始

europeanaはGoogleが提供する観光アプリGoogle’s Field …

no image
カレントアウェアネスに「「忘れられる権利」の適用範囲」の記事が掲載されています

2014年5月13日になされた検索エンジンの検索結果について、欧州連合(EU)の …

no image
カレントアウェアネスに「英国における孤児著作物に関する新ライセンス・スキーム」の解説が公開されています。

カレントアウェアネスで英国で2014年10月29日から導入された孤児作品に対する …

no image
出版デジタル機構が電子書籍のための「共通書誌情報システム」を開発

 電子書店や取次等で異なっていた電子書籍の書誌の取り扱いの負担軽減に繋げるとして …

no image
国立国会図書館で国際シンポジウム「デジタル文化資源の情報基盤を目指して:Europeanaと国立国会図書館サーチ」 が開催されます(2015/1/22)

国立国会図書館で国際シンポジウム「デジタル文化資源の情報基盤を目指して:Euro …

no image
文化庁、メディア芸術データベースを公開

 文化庁のメディア芸術デジタルアーカイブ事業が3月17日に、「メディア芸術データ …

英国Tate美術館が所蔵作品を基にしたゲームMinecraft用データを作成

Minecraftはブロックで世界を作っていったり、その中を探索したりできる箱庭 …